頭の中を書き出すツール

Memo

2020年もあとわずかとなりました。今年は新しいことを始めたり、頭で考えることの多い一年だったなと思います。

そんな頭の中を整理するために、Notionというツールを使い始めました。書く・描く系アプリやソフトが好きで、いろんなツールに翻弄されています。アナログ感のあるお絵描きアプリがあると知れば試してみるし、シンプルで使いやすいエディタも好物。

そんなに書くことってないのですが、文字や絵として形にすることって大事にしたい事で、それを入れる場所や道具をいつも探している気がする。

今のところ、

絵:Procreate / CLIP STUDIO PAINT
文:PenCake / Noteshelf
メモ:コンセプト / デフォルトのメモ機能

を使いやすいように使い分けています。

どれも良いところがあって残ったアプリやソフトなのですが、文字系の情報があちこちに分散して把握しにくい。ひとつにまとめたいなと思い、いろいろなデバイスで使えるOneNoteとNotionを試しに使ってみています。

私はWindowsユーザーなので、OneNoteはPC、モバイル、ウェブの同期ができて便利でした。Apple Pencilを使って手書きできるのが嬉しい。勉強に使ったり、絵や図を使ったメモが気楽にできて良いです。

Notionはまだ日本語に対応していないので、難しいかなと思ったのですが、YouTubeやブログを参考に使ってみると、なかなか楽しいです。ページのアイコンやカバーのデザインを変えられるのが気に入っています。

ページをリンクで繋げて作っていくので、HPやブログを作っている感覚と似ています。見やすくわかりやすく、自分のために情報を構成する。そんな作業が好きな方にはたまらないツールです。

使い慣れなれてみないとなので、しばらく触ってみようと思います。

見た目や構成をこだわれるNotionが気に入ったので、そちらをメインに文字を集めてきて。勉強をしたい気持ちが高まってきているので、それはOnenoteにまとめてみようかな。

タイトルとURLをコピーしました