絵を描くときの道具達

Art

キャンバスに向かっていた時はアクリル絵の具をメインで使っていたんだけれど、場所が必要な上に、絵の具がどこかについたら取れないので、水彩絵の具をメイン道具にしています。

さらに道具やスペースをコンパクトにして、いつでも描けるようにするために、最近は水彩色鉛筆を使っています。あと水筆はなくてはならない。

水彩色鉛筆と水筆の組み合わせだと、線で面を作って水でなじませる描き方をするので、少ない水で描けます。だから薄めの紙でもそんなに波打たない。イラストを描くときは数を描きたいから、枚数のたくさん入っている薄めのスケッチブックを選んでいます。

デジタルでもイラストや絵を描くので、アナログ画材の消費は減ってはいますが、アナログ画材にしか出せない要素がたくさんあります。人の手と、紙や筆が合わさってできる情報量の多さは、デジタルにはまだ出せないものだと思っています。

デジタルはデジタルの良さがあって、しかもどんどんアナログの書き味にも近づいていて。進化に驚きながら便利に使っています。本当に便利。汚れないし、無駄もない。

自分に合う画材を使いたいから、良いと思ったものは手に取るようにしています。そんな愛用の道具達も、写真を交えつつこれから少しずつお見せしていければと思います。

タイトルとURLをコピーしました